帯広ローターアクトクラブへようこそ

奉仕活動や交流を通じて社会に変化をもたらしたい。
アイデアを磨き合いながら、新しい方法で世界の問題に取り組みたい。
そんな熱意ある若者のための国際的なプログラムが「ローターアクト」です。

ローターアクトクラブとは

概要

奉仕活動や交流を通じて社会に変化をもたらし、新しい方法で世界の問題に取り組みたい。熱意ある若者のための国際的なプログラムが「ローターアクトクラブ」です。

活動紹介

チャリティーフリーマーケット、全国ローターアクト研修会、帯広氷まつりなどさまざまな活動を通して、地域奉仕活動を行っています。

活動計画

年度の年間活動計画です。プロジェクトを通して、ネットワークを広げ、専門知識とスキルのレベルアップができます。

活動報告

過去の年度別の活動報告です。毎年さまざまな分野で積極的に活動を行っています。
2019~2020年度のテーマ

「Be Better」

2019~2020 年度のクラブテーマは、「Be Better」にしました。

日本語でいうと、「より良くするor より良くなる」などの意味が込めてあります。
ローターアクトクラブは、会員が成長できる機会を設ける奉仕団体です。例会や他地区との交流などの様々な経験を通し、会員の特徴を活かせる場となります。

一つの be better とは、”(be better) for others”: 自分から他人への奉仕です。
広く考えると、地域社会に自分がどのように貢献できるかということです。
もう少し身近に考えると、職場や家族の人たち、知らない人でも周りにいる人たちに、自分が何をすればその人の人生に変化を起こす(make a difference)ことが出来るのかということです。
その人を手伝ってあげたり、何か一言を言ってあげたり、チャンスをあげたり等。
Make a difference は様々な形があります。
私たちアクターは、近くにいる周りの人たちへの奉仕から始めれば、最終的にロータリークラブとローターアクトクラブが目指している「世界への貢献」が叶うと思います。

もう一つの be better とは、”(be better) for you”: 自分から自分への奉仕です。
日本では先に他の人のことを良く考えてしまいがち、とても素敵な思いやりの心だと思います。しかし、偶に自分に優しくすることを忘れてしまうのでしょう。自分のことを褒めるのも大事ですね。
自分の至らないこと、改善したいことなどは、誰でもあります。
他の人と比較せず、昨日の自分より今日の自分が ”better”になったのかということも評価しましょう。様々な職業と個性を持つ会員と共に、お互いを支えながら一人ひとり成長できると思います。
それは、ローターアクトクラブに参加しているならではの機会だと考えます。

今年度、帯広ローターアクトクラブには、「創立45 周年記念式典」と「第2500 地区 地区大会」の2つの大きな行事を任されています。一瞬一瞬を大切にし、be better でありながらimpact のある一年にしましょう。今年度、どうぞ宜しくお願い致します。

2019~2020年度 帯広ローターアクトクラブ
会長成田 カレン